トップページ

 原発問題住民運動全国連絡センター(原住連センター)のホームページへようこそ。
 私たちは、福島第一原発事故をはじめとする原子力災害の実相を知らせ、被災者の救済と被災地対策を国と東京電力に要求して実現すること、国と電力会社の原発再稼働の動きを止め、「原発・核燃料サイクルから撤退し原発ゼロの日本をめざす国民的合意」を形成するために頑張っています。

お知らせ

仙台高裁の裁判官が被災地を訪れ現地調査

 東京電力福島第一原発の被害者訴訟(原告約3600人)が,国と東電に慰謝料、居住地の放射線量低減を求めた生業訴訟の控訴審で、仙台高裁の上田哲裁判長、島田英一郎裁判官、渡邊明子裁判官らは、富岡街、浪江町の原告の自宅などを訪れて、被害の実態を確認し、空間線量を測定しました。原告らは「自信だけならばすぐに帰れた。戻った人は1000人足らずで、商売を継続することは無理です。」「80年生きてきて人が住めないことになってしまった。裁判官は、この苦しみを理解して欲しい。」「荒れた我が家を見て、悔しい思いです。故郷をどうするのか問いたい。言葉が足りません。時計が二つあるようです。ここの時計と避難先の時計と。」と話しました。

2019年05月27日

老朽原発うごかすな! 関電包囲全国集会 関電本社前集会に750人参加

 通常の40年運転を終え、さらに「特例の60年運転」をめざす関西電力の高浜原発、美浜原発の運転延長と再稼働を何としても阻止しようと、関西電力本社前に750人が集結しました。

 老朽原発をうごかすな! 原発ゼロ・原発再稼働阻止を訴える全国各地の市民団体や地方議員、原発被害者訴訟や廃炉訴訟の原告・当事者や労働組合が、「老朽原発の再稼働は許せない」「原発ゼロ基本法案を審議できる国会をつくっていこう」などのリレートークをおこないました。

 集会の呼びかけビラは、こちらから参照できます。

 主催は「原発動かすな! 実行委員会@関西・福井」で、集会の呼びかけ団体はオール福井反原発連絡会、ふるさとを守る高浜・おおいの会、若狭の原発を考える会です。

2019年05月19日

泊原発再稼働するな 5・5北海道大行進に250人参加

 北海道の反原発、環境保護団体でつくる「泊原発を再稼働させない北海道連絡会」は、5月5日に泊原発停止から7年目の「泊原発再稼働するな! させるな! 北海道大行進」を札幌市で繰り広げました。

 250人の参加者は、札幌市の大通公園に集合し、集会では主催者団体の副代表の川原茂雄さん(SHUT泊共同代表)が泊原発はやめて、放射能の不安がない北海道をつくろう」と呼びかけました。参加者は手作りのプラカードを掲げ、市民や観光客でにぎわう札幌市内中心部をデモ行進しました。

2019年05月05日

千葉地裁が再び不当判決

 福島原発被害千葉訴訟の第2陣原告に対して千葉地方裁判所は、国の責任を否定し、原告らの生命や安全をかえりみることなく不当な判決を言い渡しました。福島原発被害千葉県訴訟弁護団と原告団は、東京高等裁判所に控訴して、原発被害者を避難区域によって分断するような政府の中間指針を改め、すべての被害者が再び事故前の平穏な生活に戻れるための実効ある損害賠償の枠組みを早急につくることを求めて闘うことを決めました。

 福島原発被害千葉訴訟第2陣の、東京高裁への控訴に関する声明文は、こちらから参照できます。

 

2019年03月25日

福島を忘れない3・9全国集会 上野公園野外ステージに1300人が参加

 2019年3月9日(土)、「福島を忘れない 3・9全国集会 市民と野党の共同で原発ゼロへ」(主催 原発をなくす全国連絡会)が、上野恩賜公園野外ステージで開催されました。

 1300人の参加者は集会後、「原発ゼロは未来の希望」「なくせ原発」「原発再稼働反対」などのプラカードを掲げてパレードをしました。

 主催者挨拶をした小田川義和全労連議長は、安倍政権の原発推進政策を厳しく糾弾し、野党が統一して提案している原発ゼロ法案を実現する運動を広げようと訴えました。この集会のメインスピーチに立った原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟幹事(元静岡県湖西市長)の三上元さんは「原発輸出をやめ、原発から手を引いてこそ経済も発展」と語りました。

 福島県から200人が参加し、楢葉町から避難している女性(25才)は「震災のことを忘れてはいけない、福島に戻り原発をなくす運動をしている。東電や国の被災者切り捨てを許さず、声を上げ続けます」と訴えました。村上達也・元東海村村長は「東海第二原発の再稼働ストップ」の力強い決意を述べました。

 連帯挨拶で、首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんが「原発ゼロを求めて安倍政権に圧力をかけようと」と訴え、さよなら原発1000万人アクションの井上年弘さんは「いまや原発廃炉の時代です。政転換に向け大きな声をあげよう」と呼びかけました。日本共産党の山添拓、岩淵友参議院議員が激励の挨拶をしました。

 3・9集会のアピールは、こちら から参照できます。

2019年03月24日
» 続きを読む