活動のひろば

活動報告

国と東電の責任を認める勝利判決 福島地裁

 2017年10月10日、福島原発訴訟の第1陣は、「国と東京電力の法的責任を明確に認める判決を勝ち取った。この判決は、茨城県の一部地域の原告にも賠償を認め、中間指針などに基づく賠償対象地域より広い地域を含め、「自主的避難等対象区域」等の7名の請求が認められた。第1陣原告3824名のうち2907名の請求が認められた。

 裁判所前には1000名の原告や全国各地からかけつけた支援者から大きな歓声があがった。公正判決を求める署名は、234,567筆が裁判所に届けられた。

STOP再稼働! さよなら原発北海道集会に2500人

 10月9日、札幌市大通公園広場で、全道から2500人が参加して「さよなら原発北海道実行委員会」が主催する集会がおこなわれた。

 集会では呼びかけ人の挨拶のあと、地質学者の小野氏は「泊原発周辺の地質についての北海道電力の安全主張には誤りがあり、再稼働審査の見通しはたっていない。北海道の電力予備率は全国一高く、泊原発は再稼働せずに廃炉にするのが当然だ。」と訴えた。

 参加者は「やめよう原発 泊原発は再稼働やめよ」のと声を上げ元気にデモ・パレードをくりひろげた。

玄海原発の再稼働反対、2500人が九電本店前に集結

 8月27日「原発いらない 九州実行委員会」は、福岡市で集会を開き2500人の参加者は九電本店までデモ行進をおこなった。  集会では玄海原発対策住民会議の仲秋喜道氏が、「原発は未完成技術で、規制基準に合格したから安全とは言えない。」「玄海の海も青空も土地も放射能で汚染したくはありません。共に頑張りましょう」と呼びかけた。

東海第二原発の再稼働やめよ 

 茨城県の「8・26原発いらない茨城アクション」で1100人の人間の鎖が東海第二原発を包囲した。東海第二原発の「運転延長、絶対反対」「避難はできない、再稼働反対」の唱和を響かせた。 集会で鎌田慧氏は「村内と近隣の原子力施設で重大事故やトラブルが続発している」と指摘し、原発にしがみついている安倍政権の打倒を呼びかけた。東海村の元村長の村上達也氏と地元村民の代表は「目先の利益だけで原発を動かそうとしている」「東海第二原発の再稼働を許してはならない」と訴えた。

福島第一原発事故責任で経営陣3名を起訴

福島第一原発事故で、東京電力の勝俣恒久元会長ら三名の強制起訴による裁判が、6月30日に東京地裁で始まった。

 巨大津波の襲来による過酷事故を未然防止する立場から、原住連センターと福島県連絡会は、2005年から抜本対策を求めて東京電力と交渉してきた。

 避難住民らの告訴・告発を却下して東京地検は不起訴処分としたが、検察審査会は二度にわたり「起訴相当」と議決してきた。初公判の中で、元経営陣の三名は「事故は予測できなかったので無罪」と主張したが、検察官役の指定弁護士は「東電の社内では、15.7mの津波が来て原発が浸水するという想定がまとめられ、当時の武黒、武藤副社長に報告されていた。」と指摘した。

 また指定弁護士は、2009年には中越沖地震への対応をめぐる会議で、当時の原子力設備管理部長だった吉田昌郎氏(前福島第一原発所長)が「14m程度の津波が来るという人もいる」と述べていた事実を指摘し、被告らは「原発の敷地を越える津波の襲来を予見できた」と指摘した。

» 続きを読む