玄海原発3&4号機の再稼働差し止め裁判

佐賀地裁は、2017年6月13日、九州電力の玄海原発3&4号機の再稼働差し止めを申し立てした福岡県民と佐賀県民の仮処分裁判で、「原子力規制委員会の新規性基準については合理性がある。」として再稼働差し止め請求を棄却しました。

「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める会」は記者会見をおこない、石松初美代表は「九州電力の説明を鵜呑みにして追認するだけの却下決定は、司法の役割を放棄するものであ。」との声明文を読み上げ「九州電力は安全性を具体的に立証していない、原発は命の問題であり、あきらめるわけにはいかない。」と訴えました。

2017年06月13日