フクシマ惨事を繰り返さないために チェルノブイリ・ツアー報告書を発行

2016年9月におこなわれたチェルノブイリ原発事故30年の実相をさぐるベラルーシ・ウクライナの旅に参加した調査団36人の報告書が発行されました。(表紙はこちらで参照)
この報告書では「フクシマ惨事を繰り返さないために」という参加者の思いを通じて、チェルノブイリ原発事故から30年後の現地の実情と問題点について語られています。福島第一原発事故5年を踏まえて参加者は「フクシマを繰り返させない」の思いを新たにしました。

報告書の購入申し込みは、メール、Faxで原住連事務局まで、お申し込み下さい。1部1000円です。

2017年08月30日