福島原発避難者訴訟 第一陣判決の誤りを正す

 8月22日、福島原発避難者訴訟・第2陣原告の第32回口頭弁論が、福島地裁いわき支部で行われました。福島原発避難者訴訟は、第一次提訴から第六次提訴までの599名の原告がたたかっています。第2陣原告は第三次提訴後の378名で構成されています。第2陣原告の本人尋問は2017年12月から始まり、2018年3月22日に第1陣原告に対する判決がありました。その内容は、216名中213名の原告に対し、一律に150万円または70万円の損害を認めるにとどまるものでした。また、被告・東電の重過失を否定しました。第32回期日では、「第1陣判決の構造的な誤りを正す」ことにしました。この中で「原告がどのような権利・利益が侵害されたか」、「ふるさと喪失被害はどのような内容の被害なのか」「政府が決めた賠償の指針とは、どのような性質のものであり、司法判断の目安として位置づけることは許されない」ことを明らかにしました。次回の弁論期日は、10月16日の15時に決まりました。

 (1) 「一陣判決の構造的な誤りを正す(米倉勉弁護士)」は、こちらから参照できます。

 (2) 「第32回期日の概要について(岸明弘弁護士)」は、こちらから参照できます。

 (3) 「第32回期日 口頭弁論サマリー(小野寺、鈴木、広田弁護士)」はこちらから参照できます。

 (4) 「第32回口頭弁論期日の傍聴参加のよびかけビラ」は、こちらから参照できます。

 

2018年08月22日