さよなら原発全国集会に8000人参加

 9月17日、東京・代々木公園で「いのちをつなぎ くらしを守れ フクシマと共に」を目標にした全国集会が開催され、8000人が参加しました。

 この集会には「戦争させない・九条壊すな! 総がかり行動実行委員会」も協力し、安倍政権と対決し、沖縄・辺野古基地建設反対、沖縄県知事選挙勝利も呼びかけました。さよなら原発1000万署名市民の会の鎌田慧さんは「福島原発事故から7年半が経過したが、原発再稼働を認めない運動をさらに強化しよう」と呼びかけ、澤地久枝さんは「酷い政治が続いているが、原発を許さない思いと沖縄県知事選挙をつなげて、あきらめずに発信しよう」と訴えました。フクシマからの訴えでは、「福島原発訴訟かながわ原告団」の村田弘さんが「東電は地震・津波の対策が必要だとわかっていたのに経営優先で対策を怠った責任を、判決でハッキリさせたい」と支援を訴えました。

 参加者は、渋谷駅前と原宿駅前に向けてデモ行進をしました。

2018年09月17日