名古屋地裁が、国の責任を否定する不当判決

 福島第一原発事故で福島県から愛知、岐阜、静岡の各県に避難した42世帯の128人が、国と東電に対して14億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は8月2日に「東電に対して109人について9680万円の賠償」を命じ、国への請求を棄却した。このような訴訟は全国で30件あり12件目の判決、国への請求を棄却したのは3件目である。

 福島原発事故損害賠償愛知弁護団は、「東京電力の責任は認められましたが、国の責任は否定される不当なものでした。また、賠償額についても十分な内容とは言えないものです。弁護団としては、控訴して、少しでも被害者の皆さんの被害が回復されるように、高裁で争いたいと思います」と述べている。

2019年08月04日