伊方原発3号機、運転差し止め命じる 広島高裁

 四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分の即時抗告審で、広島高裁(森一岳裁判長)は、1月17日,山口地裁岩国支部の決定を取消し、四国電力に運転差し止めを命じる決定を下した。

 この決定は、地震と火山の2つの面から、住民側の主張を認めたもので、裁判官の良心を示した画期的な決定である。

 地震については、「中央構造線断層帯が伊方原発の沖合約600mを通っており、活断層の可能性が高い。基準地震動は過小評価だ」とする地質学者の研究を踏まえた主張を認めた。

 火山リスクについては、阿蘇カルデラ火山が破局的な噴火に至らない程度の噴火も考慮すべきだ。」として、その場合も「火山の噴出量は四国電力が想定する噴出量の3~5倍にのぼり、降下火砕物の想定が過小評価である。」と判断し、規制委員会の判断は誤りで不合理だと結論づけた。

*詳しい内容は、伊方原発をとめる会のホームページ(こちら)から参照して下さい。

*松山市駅前での宣伝行動で配布するビラは(こちら)から参照して下さい。

2020年01月18日