福島原発事故9年後の被災地を、動画で見ましょう

 2011年3月11日の原発事故から、まもなく10年をむかえます。被災地である福島県浜通り地域の現在の状況を知ることは、原発ゼロをめざす私たちの運動のベースをつくることになります。

 復興アピールのためのオリンピック!? とんでもない。いまなお残る大きな傷跡を人々の目から覆い隠し、放射能汚染水の海洋投棄、除染廃棄物の仮置き場、危険を承知で帰還を促す政府の動き。

 原発問題住民運動全国連絡センター筆頭代表委員伊東達也さん(福島原発被害いわき市民訴訟原告団長)のナレーター付きの動画を、多くの方々に見ていただけるよう願っています。

 動画は、(こちら )から参照できます。

2020年01月31日